ワードプレスのタグの使い方やSEOついて

ワードプレスのタグの使い方やSEOついて wordpress(ワードプレス)

こんにちは、あっくんです。

ワードプレスにあるタグ機能、使うべきなのか使わない方がいいのか?

タグはSEOに関係するのかについてお話します。

結論としては使わない方向で考えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タグクラウドとは

投稿した記事に設定できる言葉のグループをタグとして一覧表示できます。

例えばwordpressについての記事をたくさん書いていた場合、seoに関する話だけを一覧表示させたいときにタグを「seo」として作ります。

タグ「seo」を押すと、「seo」タグをつけてある記事だけ一覧表示できます。

カテゴリとタグの違い

記事が1枚の紙としたら、カテゴリとは記事を入れるファイルのようなものです。

ファイルに挟んだ記事に付箋を貼る行為がタグというイメージです。

たとえば「書籍」についてカテゴリを設定した場合。

  • 書籍>小説
  • 書籍>コミック
  • 書籍>参考書

このように「書籍」の種類をおおまかに分けていきます。

ここで作者のみをピックアップしたいときにタグを使用します。

タグ「作者A」を記事に付けることで、「作者A」の記事だけ一覧で表示させることができます。

タグはSEOに関係しない

サイトの構造は、トップページ>カテゴリーページ>記事という形になります。

タグはサイトの構造とは関係ないものになるので、SEOに影響しません。

ユーザーのためにわかりやすく一覧表示で見せるためのものがタグになります。

タグ付けした一覧表示がサイトの内容に関係するような言葉であるなら、カテゴリーにした方がSEOに影響があるので、カテゴリーをおすすめします。

タグクラウドを使用する場合

1つの記事に複数のタグを付けない。

ジャンルで絞られたカテゴリーに対して記事が存在しているので、あれもこれもとタグを付けると分散します。

タグを付けるなら1記事に1~3つ程度にしておきましょう。

カテゴリ同様、タグを付けた記事が1つしかないと内容の薄い一覧ページになります。必ず複数の記事にタグ付けをしましょう。

一覧ページが出来てページ数が増えて良い印象を思うかもしれませんが、サイトの構造にタグは含まれないので、noindexに設定します。

ワードプレスのプラグインに「All in One SEO」があり、その中の「タグをnoindexにする」の項目にチェックを入れると設定完了です。

まとめ

タグはあってもなくてもサイトに影響はありません。記事に注目したい言葉があり、ユーザーにも便利だと思うならタグ設定をします。

しかしサイトの構造上、内部リンクに効果があるのがカテゴリなので、タグで表示された一覧ページはnoindexに設定。

もし、タグに設定した言葉が検索関連キーワードなどに出てくるほどの言葉なら、カテゴリにすることをおすすめします。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

ワードプレスの固定ページとはカテゴリーとの違いについて
wordpress(ワードプレス)内に「固定ページ」があるけど、コレって何に使うの?カテゴリーページと固定ページの使い方の違いについてや固定ページの特徴について説明しております。通常固定ページを作ることはあまりないですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wordpress(ワードプレス)
今日より明日。