ワードプレスの固定ページとはカテゴリーとの違いについて

ワードプレスの固定ページとはカテゴリーとの違いについて wordpress(ワードプレス)

こんにちは、あっくんです。

ワードプレス内に「固定ページ」があるけど、コレって何に使うの?

答えはカテゴリと記事以外のページに使用する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

固定ページとは

投稿記事ページやカテゴリページとはまったく別のページで使用します。

トップページから見て、内容に合わせてカテゴリ分け、そして記事が振り分けられていますが、それとはまったく関係のないページが固定ページになります。

「固定」ページですが、どこかに固定されているワケではなく、単に独立したページといった存在になります。

固定ページの特徴

カテゴリーもない、タグもつかない存在です。

カテゴリーがないので、リンクがどこにも貼れません。自分で内部リンクを付けないと、どこからも固定ページに行けない状態になります。

カテゴリーや記事ページとは、まったく違ったデザインで作りたい場合に使用できます。

固定ページに使う内容

サイトの内容、カテゴリーに振れない内容のものが固定ページに使用します。

  • プロフィール
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 問い合わせ

その他にも、トップページやまとめページとしても使用する場合があります。

基本的にトップページは、時系列で記事が並んでいますが、これを別のデザインで作りたい場合、固定ページを作成してトップページの代わりに表示させることができます。

単純に最新が並ぶのではなく、読んで欲しいものから記事を配置できるメリットがあります。

まとめページの場合は、カテゴリ内のみのまとめページなら投稿記事として普通に書いた方が良いですが、複数のカテゴリをからめた、まとめページやランディングページなどは固定ページが使えます。

まとめ

固定ページとカテゴリーページの違いは、サイトの内容でカテゴリー分け出来ないページが固定ページになります。

プロフィールやお問い合わせページなどが固定ページに入りますので、通常固定ページを作ることはあまりないですね。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

ワードプレスのカテゴリーは、seoを考慮して作成するのは当たり前
ワードプレスのカテゴリーを作成する時、何となくジャンルで分けているのではないでしょうか。カテゴリーはユーザーへのわかりやすさと同時に、検索エンジンに対してもわかりやすい構造にし、キーワードの強化につなげます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wordpress(ワードプレス)
今日より明日。