WordPressの子テーマでカスタマイズやアクセス解析コードの貼り付けを行う

Wordpressの子テーマでカスタマイズやアクセス解析コードの貼り付けを行う wordpress(ワードプレス)

こんにちは、あっくんです。

WordPress(ワードプレス)を始めて触りましたの人には、子テーマとはいったい何なのか疑問です。

子テーマとは編集用のテーマと思っておくだけでOKです。

親テーマと子テーマの違いを見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

必ず親子揃ってテーマはダウンロード

Wordpressの親テーマと子テーマ

有名無料テーマのダウンロード先のは必ず親テーマと子テーマがあります。

子テーマだとショボく感じるから親テーマだけダウンロードすることのないように、必ず親テーマも子テーマもダウンロードして両方テーマに追加しておきましょう。

親テーマと子テーマの違い

親テーマはテーマのベースになるもの、アップデートで上書きされていきます。

子テーマは親テーマのベースを引き継いだ編集可能なテーマです。

親テーマのみを使用した場合、カスタマイズを親テーマにしても、アップデートがあるとカスタマイズした部分がアップデートによって上書きされてしまいます。

これだとアップデートのたびに親テーマをカスタマイズしないといけません。

なのでアップデートの上書きの影響を受けずに親テーマのベースを使ってカスタマイズするのが子テーマです。

カスタマイズは必ず子テーマ

phpファイルやcssファイルは子テーマで編集する。

親テーマが新しく更新されても子テーマでカスタマイズされた部分は残ります。

header.phpファイルに入れたアナリティクスのトラッキングコードも、装飾を施してあるcssファイルも残りながら新しくなったテーマを使用できます。

まとめ

WordPress(ワードプレス)を使用するなら必ずテーマは、親子揃って新規追加する。

子テーマを有効にし、カスタマイズは子テーマにする。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

初心者から使うべき、ワードプレスのおすすめテーマ【タイプ別4種】
ブログでワードプレスを使用すると外観・テンプレートをどうするか悩みます。有料か無料か、どれがいいのか。たくさんあってどれも魅力的なので、タイプ別に1つを厳選。どれを選んでも間違いないので、好みを選んで早速使っていきましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wordpress(ワードプレス)
今日より明日。