WordPressでテーマを変更する時の注意、影響が出るところを確認する

WordPressでテーマを変更する時の注意、影響が出るところを確認する wordpress(ワードプレス)

こんにちは、あっくんです。

WordPressで新しいテーマ、気になったテーマに変更する時、レイアウトや設定がテーマのデフォルトになります。

影響が出るところを確認しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

見た目が基本になる

ヘッダーにメイン背景画像が入っている場合、新しいテーマの基本レイアウトになるので再設定が必要になります。

テーマ変更の際はテーマ初期値のレイアウトスタートです。

PHP・CSSファイルの確認

テーマごとにPHP・CSSファイルがあるので、新しいものに切り替わります。

header.phpなどのphpファイルに何か追記している場合、何を書いてあるか確認しておきましょう。

ページのデザインでCSSファイルに書いている内容も同じく確認しましょう。

Googleアナリティクス・サーチコンソールの再設定が必要

主にheader.phpに打ち込んでいる場合があるので、新しいテーマのheader.phpへ書き込む必要があります。

外観ウィジェットがリセット

外観のカスタマイズ、サイトのパーツが新しいテーマのデフォルトになるので再設定が必要です。

Googleアドセンス広告の再設定が必要

header.php内のアドセンス用コードやウィジェット内で広告を使用している場合、再設定が必要になります。

ヘッダー・フッター・サイドバーもリセット

ヘッダーのメニュー、フッターの項目、サイドバーの中身や順番など再設定が必要です。

プラグインの動作確認

使えないプラグイン・使わないプラグイン・不具合のあるプラグインが出てくることもあります。

不具合が出る場合、外すプラグインも出てくるかもしれません。

テーマに備え付いた機能があるので、使わないプラグインは削除しましょう。

画像のサイズ変更が必要になる

サイト全体の幅、本文の幅が変われば、使用している画像をどうするか。

アイキャッチのサイズが変わる場合、変更する可能性もあります。

さいごに

修正には意外と時間がかかるものです。テーマ変更後はまとまった時間を確保しましょう。

気になったテーマが出てくるたびに変更の可能性があるので、変更しやすいよう準備しておくのも効率的です。

テーマ変更後の画面をプレビュー表示ができるので有効にする前にあらかじめ確認しておきましょう。

「外観」-「テーマ」-「テーマ選択画面のライブプレビュー」で確認。

プラグインBackWPupで、もしものためのバックアップも大切です。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wordpress(ワードプレス)
今日より明日。