サイトマップの作り方、WordPressのプラグインで自動作成【SEOにも効果あり】

アフィリエイトseo、2種類あるサイトマップの効果と必要性、設置方法まで ブログのSEO・検索対策

こんにちは、あっくんです。

ホームページやブログを立ち上げたら1度は目にするサイトマップ。

htmlサイトマップxmlサイトマップの2種類あることはご存知ですか?

それぞれ役割や特徴があるので、設置しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

検索エンジンに知らせるサイトマップ

xmlサイトマップは検索エンジンに、サイトの構造、コンテンツを認識してもらうためのものです。

検索エンジンが知らないと検索結果には表示されませんので、xmlサイトマップの設置は必須です。

ユーザーが目的の記事を探しやすいサイトマップ

htmlサイトマップはユーザーに便利なコンテンツの一覧表示ページです。

ユーザビリティ向上

カテゴリーと記事をリスト表示させるページです。

当サイトでは、記事一覧がサイトマップです。

それぞれのカテゴリーにいろいろな記事が1ページ内で一覧表示されています。

ユーザーは知りたい情報のページが探しやすく、全体のカテゴリーが見られるので、とても便利なページになります。

自分にも便利

記事を一覧で見れるので、今までどんな記事を書いてきたのか確認できます。

  • 内部リンクを貼れる記事を探す
  • すでに書いた記事なのか重複チェック
  • 記事の入れるカテゴリーが間違えてないか

htmlサイトマップはいろいろな場面で活躍します。

サイトマップの作成と設置

検索エンジン用xmlのサイトマップ

ワードプレスのプラグイン「Google XML Sitemaps」を使用すると自動作成されます。

特に設定することないのでそのまま使えます。

サイトマップを作成したら、Googleのサーチコンソールにサイトマップを登録しておきましょう。

Googleサーチコンソールのサイトマップ登録画面

Googleのサーチコンソールで、「クロール」-「サイトマップ」の右上の薄い赤いボタン「サイトマップ追加/テスト」を押して「sitemap.xml」と入力します。

Googleのサーチコンソールの登録方法は下のリンクをご覧ください。

サーチコンソール登録方法、ブログサイトを作ったら必ず登録
Googleの無料ツール、サーチコンソールの登録方法についてです。サイトの情報を確認できます。グーグルに登録されているか?エラーはないか?ページの情報、キーワードも確認出来るので必ず登録をしておきましょう。

ユーザー用htmlのサイトマップ

ワードプレスのプラグイン「PS Auto Sitemap」で自動作成できます。

プラグインの設定でリストの見た目が変更できますのでお好みで。

出来たコードを、固定ページに貼り付けたら完成です。

サイトマップは記事ではないので、投稿ページではなく、固定ページを使用しています。

パーマリンクはわかりやすく「sitemap」にしておきましょう。

まとめ、サイトマップは2種類設置する

検索エンジンにサイト構造を伝えるxmlサイトマップ。

ユーザーに見やすい記事一覧のhtmlサイトマップ。

設定は1度だけだし、どちらも重要なので設置しておきましょう。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

合わせて読みたい記事

SEOを意識したカテゴリー構造
ワードプレスのカテゴリーは、seoを考慮して作成する

固定ページとはカテゴリーの使い方
ワードプレスの固定ページとはカテゴリーとの違い

パーマリンク(URL)の付け方
検索エンジンのためにパーマリンクを適切に設定

検索対策、SEOのまとめ
検索対策、SEOについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログのSEO・検索対策
今日より明日。