サーチコンソールの使い方、確認ポイントを押さえサイトの改善に役立てよう

サーチコンソールの使い方、最低限確認するところから改善に役立てよう アクセス解析

こんにちは、あっくんです。

サーチコンソールを使ってサイトの改善や問題点があれば修正をしていきます。

最低限見るべきポイントをお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

HTMLの改善

サーチコンソールの「検索での見え方」-「HTMLの改善」を選ぶ。

重複するデータ・タイトルの長い、短いなど修正を行うことができます。

たくさん記事を書いてきたらタイトルが重複したり、書き忘れたりするので確認できます。

検索結果の改善

サーチコンソールの「検索トラフィック」-「検索アナリティクス」を選ぶ。

チェックボックスに「クリック数」「表示回数」「CTR」「掲載順位」があります。

クリック数

リストに出た「クエリ」の検索ワードでクリックされた数です。

表示回数

「クエリ」の検索ワードで表示された回数です。需要が高いものが確認できます。

CTR

CTR=クリック率を指します。単体では使わず、「表示回数」や「掲載順位」と一緒に確認します。

表示回数が多い割にはクリックされていない場合、よりクリックされやすいタイトルに変更など修正が可能です。

掲載順位

「クエリ」で検索された時の順位が確認できます。

Googleの検索結果に出るかの確認

サーチコンソールの「Googleインデックス」-「インデックス ステータス」を選ぶ。

記事が増えていくにつれ、グラフが上がっていれば問題なく、検索結果に出てくるでしょう。

「Googleインデックス」-「ブロックされたリソース」を選ぶと、インデックスできずにブロックされたリストが確認できます。

Googleへサイトの認識

サーチコンソールの「クロール」内。

クロールエラー

Googleのロボットがブログ内を巡回出来ているかどうかです。

「見つかりませんでした」「ブロック」のタブをクリックするとうまくクロール(巡回)出来なかったリストが確認できます。

リンク切れも確認できます。

Fetch as Google

Googleのインデックスを促進するためのもの、急ぎの記事、トレンド記事を書いた場合に使えます。

サイトマップ

Googleがサイトを巡回しやすいように、サイトの地図を設置します。

右上の赤いボタン「サイトマップの追加/テスト」に「sitemap.xml」を入力しておきましょう。

そのほか問題点を確認する

サーチコンソールの「検索トラフィック」-「手動による対策」。

サーチコンソールの「セキュリティの問題」。

サイトのペナルティなど確認できます。

まとめ

HTMLに問題はないか。

検索クエリを確認し、検索ワードやクリック率に改善する点はあるか。

ポイントは、クロールやサイトマップでGoogleが問題なく巡回できているか。

ペナルティはうけていないか。

サイト全体の問題点や改善が確認できますので、定期的に見ておきましょう。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

アナリティクスの見方、確認ポイントからアクセス解析に役立てよう
Googleアナリティクスの解析と聞くと難しいイメージであったり、結局何を見ればいいのかわからない時に、最低限見て欲しいところをご紹介。入り口から出口までのページを確認して改善に役立てよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセス解析
今日より明日。