まずはこれだけ、ネットショップで売れるための商品写真の撮り方【一眼レフ】

まずはこれだけ、ネットショップで売れるための商品写真の撮り方【一眼レフ】 デジタル一眼レフカメラ

こんにちは、あっくんです。

ネットショップ運営の仕事で商品撮影を担当しているので参考に書きました。

文字で捕捉し画像のインパクトで商品の魅力を伝えていきます。

魅力不足の画像だとページの続きを見てくれないので画像は大事です。

通販では実物が見られないので、商品画像が購入への判断材料となり、クリック率、購入CV率にも繋がりますので売り上げアップのために参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分で撮るメリット

メーカーから関係者から商品画像をもらえる場合があります。

いい画像も悪い画像もいろいろありますが、いい画像なら作業対効率を考えそのまま使うことがあるでしょう。

しかし微妙な画像は問題外として、気になった画像は自分でもっと良く撮ることをおすすめします。

例えば掛け時計だと、メーカーはブラウン色のものイメージ画像として用意してきていますが、ホワイトカラーの方が売れる気がすると思ったらホワイトの方を自分で撮ってみましょう。

もらった画像が素敵な写真であっても、他のお店でも使用している可能性が高いです。そうなると楽天などのショッピングモールの場合検索一覧で同じ画像が並ぶことになります。

全部同じ画像が並んでいるような一覧画面では、自分のお店の商品画像が埋もれてしまいますので、1枚目の画像は自分で撮ることをおすすめします。

オリジナリティある画像は目につきやすく、クリックされる可能性が上がります。

一眼レフなどのカメラを使用する

スマホやデジカメでも十分きれいになってきていますが、拡大したり撮る環境の明るさが足りない場合などは一眼レフなどのいいカメラを使った方が綺麗に撮れます。

決して安いカメラではないのですが、商品写真はクリックされるかどうか、購入されるかどうかの重要な役割があるので今後のことも考えいいカメラで撮りましょう。

統一感で並べる

主に自社サイトですが、主役となる商品の大きさが同じ、画像全体に対して商品の割合が同じように撮る、もしくは加工する。

商品の周りの背景色も白なら白で統一すると全体的に見やすくなります。

カテゴリーなどに並んだページを見た時に、統一感がないとガタガタになり残念なサイトに思われます。

画像の商品の割合、背景、向きなどを決めておくと整って見えて綺麗です。

一番のアピールポイントを最初の画像に

クリックさせる画像、ページの最初の画像には一番のアピールポイントになる画像を用意します。

たくさんある商品から選ばれるためのクリック最初に目に飛び込んでくる画像。どちらも選ばれるか買うかの大事な1枚です

パッと見た時に下にスクロールして、続きを見ていくか判断されます。ファーストビューはとても大事です。

明るく撮る

薄暗い画像は、キレイと思わないのが普通です。

気持ち明るめに撮った方が素敵に見えるので明るめに撮っておきましょう。

真っすぐ撮る

立って自分目線で撮ると以外とゆがんだ画像になっている場合があります。ここぞという時は商品に対して真っすぐ撮りましょう。

ディテール、詳細画像などや、意図的に角度をつけるのはありです。

複数の角度からも撮る

オンラインショップの場合、実物が手元にないので、可能な限りいろいろな角度から撮っておきましょう。

背面はどうなっている?、裏面は?、中は?、興味がある人にはいろいろ見たいと思います。

素材感も重要なので、マクロ・接写が撮れるならマクロ設定で、なくても素材が伝わるように近くによってアップで撮りましょう。

写真だけでは伝わらない部分は文章も添えておきます。

使用感・サイズ感

使用しているイメージです。ひと気を出して生活シーンにあった場合のイメージを付けてもらいます。

手に持ったらどんな感じなのか、部屋にあるとどんな空間になるのか、カラー別に違は何か。

実際を見れないのでイメージをつかんで購入へのアシストにしましょう。

小物を使う

商品単体だと物足りないイメージになります。

小物がある方が生活感が出たり、実際使っているイメージに近づくし、商品のサイズ感の参考にもなります。

ディスプレイになるので、商品が目立たなくならないように程よく小物を置いてみましょう。

シンプルな花、草が個人的には好きです。

商品だけの単体も撮る

楽天の白背景画像、Amazonの画像でもそうですが、白抜き画像を使う場面があります。

1枚はシンプルで白抜き、商品のみ切り抜きしやすい画像を用意しておきましょう。

動画も使う

写真と文字だけにこだわらず、動画の方がわかりやすいなら動画でも撮っておきましょう。

数秒明けでも動画の方は伝わると思ったら手間とは思いますが、これから何にもの人が見に来る商品ページだと思って惜しまず撮りましょう。

まとめ、綺麗な画像で売り上げアップ

まずはページを見られること、ページの続きを見てもらうこと、そして購入。

ネットショップだとすべてに画像があります。

商品撮影はとても重要で責任ある仕事になります。

素敵な画像、素敵なページを増やして売り上げアップしていきましょう。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。