ping送信のプラグインがあるけど送信先に注意、コピペはダメな理由

ping送信のプラグインがあるけど送信先に注意、コピペはダメな理由 wordpress(ワードプレス)

こんにちは、あっくんです。

ワードプレスでブログを開設した時、入れるべきプラグインに「WordPress ping Optimizer」があります。

pingサーバーと呼ばれるものに、ブログの更新を知らせてくれる便利なものですが、始めてブログをやる人は検索して出てきた「ping送信先リスト」をコピペしている人もいるのではないでしょうか?

僕もそのままコピペ利用していました。

しかし、

「その送信先は正しいですか?」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

詐欺サイトやアダルトサイトが混ざっていない?

ping送信リストをためらいなくコピーしているのであれば注意が必要です。

URLひとつひとつの中身を確認すると詐欺サイト、ジャンルに関係のないサイトが混ざっている場合があります。

プラスに働かせるはずのping送信がマイナスになる場合があるので、単純にping送信リストのコピペはやめておきましょう。

送信先のサービスは終了していない?

URLを見ても問題ないような場所であっても、更新サービスが終了しているサーバーもあります。

いくらping送信してもエラーになります。

プラグインで最初に設定して2度と見ないので気づきにくいのですが、改めて管理画面を見てみましょう。

プラグイン「WordPress ping Optimizer」の中のPing Logの下の項目を選び「Error message」があればエラーです。

基本はエラーになっているかと思います。意味が動作はサーバーに少なからず負荷があるので一旦停止しておきましょう。

更新を伝えるサーバーだからそもそも登録していないと意味がない

pingサーバーとは更新されたことを伝える機能として使います。

そもそも送信先のサーバーに登録されているのでしょうか?登録していない場所に「更新しました」を伝えてもサーバーにとっては「?」ですよね。

必要だと思うサイトに登録してから、pingを送りましょう。

主な無料登録できるブログサイトとして2か所。

人気ブログランキング
にほんブログ村

まとめ

今回は、ワードプレスのプラグイン「WordPress ping Optimizer」の設定の中の話でしたが、ほかにも設定すること、調べて出てきた検索結果の中にも間違った情報・古い情報があります。

単純に書いてある通りの設定にせず、自分に合った内容で設定することが大切です。

少しでも意味が分からないものは、いろいろ調べてメリット・デメリットを理解してから設定することをおすすめします。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

アフィリエイトの集客方法まとめ、検索以外にも出来ること得意なことも利用しよう
アフィリエイトの集客方法について、検索エンジンも集客のひとつに過ぎません。少しでも見られるために検索以外の集客方法も積極的に使っていきましょう。何ごともひとつにこだわり過ぎず柔軟に、試したいことがあったら積極的に行動することが大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wordpress(ワードプレス)
今日より明日。