パーマリンクを適切に設定、クローラーのためにURLは意味を含める

パーマリンクを適切に設定、クローラーのためにURLは意味を含める wordpress(ワードプレス)

こんにちは、あっくんです。

ワードプレスで記事を作る時に必ず触るパーマリンク、最適な付け方って何でしょうか?

検索エンジンにも意味がわかりやすく、見た目にもわかりやすく付けましょう。

注意点もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パーマリンクとは

パーマリンクとはURLの一部を指します。

このページだと、URLが「https://affiliate-to-tomorrow.com/permalink-set/」になり、パーマリンクは「permalink-set」この部分を指します。

サイトのURLになりますので、正しく設定していきましょう。

パーマリンクの初期設定

パーマリンクの初期設定

ワードプレスのメニュー「設定」-「パーマリンク設定」-「投稿名」にチェックを入れます。

カスタム構造で「/%category%/%postname%/」を入れて、「カテゴリー名/投稿名」を設定する場合もありますが、基本的に「投稿名」を選ぶ方をおすすめします。

サイトの構造が完璧に出来上がっているなら「カテゴリー名/投稿名」でもいいのですが、記事が増えていくとカテゴリー構造を変える場合があります。特に初めてブログやサイトを作る場合には必ずカテゴリーを再び触ることになります。

「カテゴリー名/投稿名」の設定の場合、カテゴリーが変わるとリンク切れの可能性が出てきます。なので「投稿名」の方が安全です。

パーマリンクを正しく設定

パーマリンクはURLの一部です。

パーマリンクに意味を持たせた方が、検索エンジンも理解しやすいのです。

日本語のURLだと、表示が「%%1%%5%6%」のようにわかりにくくなります。また、数字だと「/123/」何のページかわかりません。

「/permalink-set/」のようにわかりやすいパーマリンクにしましょう。なるべく短く英単語2.3語までにします。

英語をつなげる時は「permalink-set」のようにハイフン(-)を使用します。

「permalinkset」より「permalink-set」の方がわかりやすく、Googleも公式で、単語を繋げる時は、アンダーバー(_)ではなくハイフン(-)を使用してわかりやすくすることを推奨しています。

またアナリティクスなどのアクセスツールでもURLは出てきます。わかりやすいURLにしていると何のページかがわかります。

パーマリンク設定後の注意点

パーマリンクは1度決めたら変えない。

パーマリンクが変わるとURLが変わるので、リンクのすべてが無効になります。

外部からのリンク(被リンク)がエラーになり、内部リンクも貼り直しが必要になります。

検索結果に出ていた場合、「ページがありません」となってしまいます。

また、ソーシャルのカウント、SNSの評価が0になります。

URLに付いた評価がゼロスタートになってしまうので、パーマリンクは変えません。

まとめ

パーマリンクは、英単語を2.3語をハイフン(-)で繋げてわかりやすく表記します。

そして1度設定したパーマリンクは絶対変えません。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wordpress(ワードプレス)
今日より明日。