残業に隠れた会社のデメリット、生産性は実は下がっている?

残業で生産性は上がるのか?残業に隠れた会社のデメリット 働き方・生き方について

こんにちは、あっくんです。

会社員なら残業は付き物、公務員以外は残業が当たり前になっている現在ですが、結果として生産性は上がっているのでしょうか?

当たり前になっている残業ですが、本当なら就業時間内に仕事を終わらる方が普通なのです。

当たり前がずれているので、残業のデメリットについて考えてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

残業のデメリット、生産性は落ちている

仕事にせよ何にせよ、時間がたっぷりあるとあるだけの時間を使って作業をします。

例えば「今日中にやっといて」の仕事なら帰りまで時間をかけれます。気に入らなければ何度でも見直し、変更が可能です。

しかし時間が限られていれば限られた時間内で終わらせようとします。

残業が初めからあるものとして仕事をすれば、残業含めての時間まで作業をするし、定時に退社するとなれば、定時までに終われせられるようなタスク配分になります。

なので、時間を長く残業ありきで仕事をしている限り効率化とは離れた仕事のスタイルになってしまいます。

残業のデメリット、非効率が隠れる

残業が当たり前になっていると、残業を含めた時間で仕事を終わらせるわけなので、通常なら仕事の時間内で片付けなければならない仕事が残業によって完了されています。

これは本当なら時間内で終わらせることができるのに、残業があること前提で作業をしている可能性があります。

もしくは、どうせ残業の時間までに完了すればいいという考えで仕事をしているかもしれません。

つまり限られた時間内で終わらせようとしない限り、効率化に意識が向かず非効率なまま仕事をしていることになります。

残業のデメリット、モチベーションの低下

残業が当たり前になっている会社であっても、実際本当に残業が必要な人ばかりではないはずです。

仕事なので何が起きるかわかりません。場合によっては必要な残業が発生する時もあります。だからといって周りの人も残る必要はありません。

しかし自分だけ帰るわけにはいかない、上司が残っているなら自分も残らないと、誰も帰らないから自分だけ帰れない。

そんな帰れない状態が日常化してしまえば、残業することを念頭に置きながら仕事することになります。

本来定時に終わりきって帰れるけど、帰れないなら残業用に仕事を置いたり、体力を温存したりしているとモチベーションは下がってしまいます。

どうせ残業があるのだからといった思考が知らず知らずのうちにモチベーションに影響します。

残業のデメリット、仕事量が見えない

残業によって仕事が完了されてしまうと、個人にかかる仕事の負担が見えなくなります。

残業しないと終われない量の仕事が実際にあるのであれば、従業員を増やすことを検討しないといけない訳ですが、結果として仕事が完了しているので負担がどれほどなのかわからないのです。

残業のデメリット、離職が増える

残業による仕事量やモチベーションダウンの延長でもありますが、優秀な人材が辞めてしまう可能性があります。

膨大な量の仕事を渡されている人なら「やってられない」と思ったり、本当なら定時に帰ることができるのに残業が当たり前の会社なら同じく「ここではやってられない」と思って離れてしまいます。

結果として会社にはいい影響が出ないと思います。

まとめ、残業の隠れたデメリット、そして伝染する

仕事によっては100%残業なしにはできないものもあると思いますが、残業が当たり前になっているとデメリットが見えなくなります。

  • 生産性を上げること
  • 効率化を考えること
  • モチベーションアップ
  • 個人にかかる仕事量
  • 離職モードの社員

我慢しながら続けていてもどこかで崩れる可能性があります。

責任ある立場なら率先して帰らないと、部下や後輩は帰れません。

そして帰らない前提で仕事を組む結果になり、残業は伝染病となって会社に浸透していきます。

回っている仕事も残業によって問題にフタをしているだけになっていませんか。

定時退社を目指す方が、生産性が上がるのではと僕は思います。

仕事の時間は8時間、その他は自分の時間になれるように変わっていけたらと思います。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。