鬼の哭く邦(おにのなくくに)のプレイ感想、サクサク進むアクションRPG

鬼の哭く邦(おにのなくくに)のプレイ感想、サクサク進むアクションRPG ゲームの感想(PS4・スイッチ)

こんにちは、あっくんです。

店頭PVの戦闘シーンを見て購入した『鬼の哭く邦』の感想です。

忙し過ぎないアクションRPGをシンプルに楽しみたい人向きかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリーは短いけど、隙間時間プレイならちょうど良い

お話のテーマとしては『死』と『転生』って感じです。

なので登場人物がよく死んでいます。

軽く情報を見た時、鬱ゲーとか書いていましたが、そこまでDEEPな話という感じではなかったです。感情移入する前にサクッと逝かれるので記憶に残りにくい感じ。

ストーリーの長さはRPGとしては短いけど、僕みたいにすぐ飽きる人にはちょうど良い感じです。

PS4のソフトで5000円ぐらいなので、7,8000円のものに比べたらそんなもんな気がしますね。

しかし今の時代、昔あったドラッグオンドラグーンぐらいのダークなストーリーはあまりないですね。

戦闘は好き、でも長時間は無理

憑依した霊と主人公を使って戦います。

PVで期待した戦闘ですが、スタイリッシュという感じではなく、技の硬直があったり連続で打てないなどあるので、基本は攻撃連打とたまに技という戦い方です。

技打って、距離取ってまた技を打つなどして戦うので操作は簡単でシンプルです。

なので長時間すると飽きてしまうでしょう。

ボス戦はパターンです。敵の攻撃パターンを見て、隙見て攻撃するヒット&アウェイの繰り返しがボス戦です。

難易度変更や憑依した霊ごとにスキルがあるので、違ったキャラで挑むといい勝負になるかも。

このタイプの戦闘で、2人協力オフラインプレイが出来たらいいなと思ってしまいます。

いつでもやめられる、セーブポイントが多い

有難いくらいセーブポイント多いです。さらにオートセーブもあるのでいつでもやめられます。

セーブポイント間はワープできるので、無駄な移動はしなくていいのはアリですね。

ロードが長い気がするので、セーブポイント間ワープは近い場合走った方が早い時もあります。

何にしてもセーブポイントが多いのはうれしいです。やめたいときにやめれる自由さがいいですね。

他にもアクションRPGをしていますが、もしかしたら最近はセーブポイント多いゲームの方が一般的なのかな?

クリアまでは一本道

あれもこれもやらずに自然にストーリーを楽しめます。

キャラクターにレベルがありますが、最新のダンジョンが経験値的にいいので、前のダンジョンに戻らず普通に戦いながら進めていくのが結果効率がいいので、普通にプレイできます。

同じところで経験値や素材を集めるなどといった作業が嫌いなので、普通にストーリーを進めれるのはかなり高評価。

さらに次行くところ、向かうべき方向に目印が出ているのでわかりやすい設計です。

仕事が忙しいときなどあまりプレイできなくても、「次何するところだっけ?」とならない安心システムです。

クエスト的プチイベントもゼロではないので、のんびりプレイも可能。

成長と強化を楽しむ

憑依するキャラクターで戦っているとスキルポイントが得られるのでそのポイントで成長させたり技を覚えたりしていきます。

さらに武器も強化が出来たり能力を付けたりできます。

敵やボスが強いと感じたら、キャラのスキルポイントで能力強化したり、武器の強化をして雑魚戦をしていると、ストーリーで詰むことはないと思います。

各キャラの技を楽しむ

後半やクリア後にやることとしては、追加のダンジョンを楽しむか他のキャラクターの技を楽しむ感じです。

僕自身は、初期の憑依キャラが強かったのでそのまま行きましたが、それぞれのキャラを楽しみたい人はキャラを育てていきましょう。

格闘近距離、遠距離、広範囲、一撃重い人などそれぞれ個性があります。

まとめ、社会人向けアクションRPG

隙間時間やるにはおすすめです。セーブポイントも多いのいつでも自由にプレイしてやめられます。

難しいゲームではないので、何となく戦いながらストーリーを進ませられるので帰宅後の自由時間にプレイしやすいゲームだったと思います。

価格も他のRPGより安く、まったりアクションRPGをしたい人にはおすすめです。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

この記事を読んでくれた人へ

「自分の方がゲームの感想をうまく書ける」と思う人は、ぜひゲームブログを始めて欲しいなと思います。

会社に依存しない生き方、方法はあなただけの収入ラインを持つこと
会社に依存していると給料ですべてが決まる。その会社の給料で生きている感じになります。しかし、その会社は1つの収入ラインです。収入ラインは1本しかダメということはないので、副業、アフィリエイト、クラウドソーシングなどを活用して自分のビジネスを作る。
ゲームで稼ぐ、遊びながら稼ぐアフィエイトの方法。おすすめASPも
通勤時間、暇つぶしなどでゲームをしていたりしませんか?ゲームが好きなら遊びながら稼ぐブログアフィリエイトがおすすめです。スマホが出てからゲームは需要は十分にあります。まずはゲームの課金代を目標に始めましょう。

合わせて読みたい記事

会社に依存しない生き方
自分のビジネスを持つということ

仕事で得られる情報を使う
仕事の情報を使ってブログで稼ぐ方法

趣味からの情報発信
趣味を武器にブログで稼ぐ方法

将来のためにできること
副業ブログで会社に依存しない未来を作る