「上司と合わないので辞めたい」会社を辞める前に必ずやるべきこと

「上司と合わないので辞めたい」会社を辞める前に必ずやるべきこと 働き方・生き方について

こんにちは、あっくんです。

「上司と合わないので辞めたい」

社会人になると一度はそう思う時があるのではないでしょうか。

嫌いな上司が特定の一人であっても、毎日合えば嫌なものは確実に蓄積されていきます。

毎日合わなくても、合わない期間に嫌な気分だけが溜まっていき、いざ合うとやっぱり合わないのループ。

どんどん会社を辞めたくなる気分は高まっていきます。

しかし勢いで転職すると次も同じ失敗をする可能性があるので、辞めるという行動の前に必ずやるべきことがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

上司と合わないと思う人は多いという現実への理解

マイナビのアンケートで嫌いな上司がいると答えた人は約70%いるそうです。

ということは、

たとえ会社を辞めたとしても、別の嫌いな上司の下で働く可能性が高いということです。

嫌いな上司の特徴は、理不尽や自己中、押し付けや感情的、無能といったことがほとんどです。

約70%の人がそんな「上司と合わない」まま働いているというのが現実です。

仕事内容も含めて、やはり辞めたいと思う場合は → 転職という結論になります。

仕事内容はそこまで不満ではないなら ↓ を読み進めて欲しいです。

嫌いな上司との接触は減らせるか

極力合わない人間とは接触しなければそこまで気にならないかもしれません。

仕事のやり方で単純に接触回数を減らせるか?

部署があるなら異動などの選択肢はないのか?

嫌いな上司との接触で仕事の生産性が下がるのであれば、上司のさらに上の人間に伝えてみる。

勢いで辞めてしまう前に、出来ることはやっておこう。

嫌いな上司とコミュニケーションをとってみる

嫌いな上司の特徴にあった、理不尽、自己中、押し付け、感情的、無能でも理由があるかもしれません。

もしかしたら、上司のさらに上司から無理難題を言われていて、理不尽、自己中、押し付け、感情的にならざるを得なかったかもしれません。

仕事を押し付けるあまり、無能の見られているだけかもしれないので、コミュニケーションをとってみるのも手段です。

嫌いな上司の理由が理解出来れば、今より良くなる可能性があります。

割り切れるか試してみる、仕事で得ることを目標にする

約70%の人が「上司と合わない」まま働いているということは、ある程度割り切って仕事をしているのだと思います。

どうしてもネガティブな方に向いてしまいがちですが、自分にとってプラスの方を目標にして割り切ってみましょう。

仕事で得られること、スキルであったり経験、知識などから将来の自分の役に立つものを得る場所として今の仕事をしている。

うまく割り切れたら「合わない上司のことはどうでもいい」に変わるかもしれません。

どうしても辞めたいなら求人サイトに登録だけしてみる

気持ちが辞めたいと思っているなら、まずは転職サイトに登録してみよう。

登録だけなら会社を辞めた訳ではないので問題ないです。

そこで希望する求人を見て、現実を知ろう。

休み・仕事内容・月給、今と比べて魅力的なのかどうか。

勢いや感情で辞めた結果、前より月給が下がった、休みが減った、仕事内容が合わないだと再転職する結果になります。

希望する転職先が本当に存在するものかを見るために求人サイトに登録だけしてみよう。

もはや何を言われても辞めたい時

辞めたい末期に入ると気持ちを戻すことは難しくなります。

嫌な気分のまま働き続けるくらいならいっそ辞めてみるのも手段です。

ただし嫌な気分は退職と共に置いていこう。そうしないと転職してもマイナスなところに目が向いてしまいます。

気分が下がったまま働くと、前職のこともあってネガティブに見えてしまいがちになります。

転職にはステップアップ、希望があると思って挑もう。

転職に備えアピールできることを考えておく

たとえネガティブな理由で辞めたとしても、転職先ではポジティブな理由で辞めたことを伝えないといけません。

今の仕事で語れる実績や転職しないと活かせないものなのかを考えておくべき必要があります。

辞めた後も語れなくはないですが、仕事をしている中の方が実際の経験、実績として作りやすいので、作っておくと転職先でのアピールになります。

まとめ、悩んだら迷った時こそ行動あるのみ

仕事で何があってもあなたの人生はあなただけのものです。

仕事の嫌な気分やストレスは誰も得をせず、あなたがただ一人損をするだけです。

そしてそれは行動しない限り変わらないのが現実です。

今の仕事が好きならば、可能な限り嫌なものは無くしていこう。

それでも変わらず毎日苦しい思いをして生きるぐらいなら、辞めるという一歩、誰かに相談するという一言を持つと違う明日がきます。

時には勇気が必要かもしれません。しかし一瞬の勇気を出せたなら毎日の苦しい日々が変わることになります。

悩んだら行動あるのみですね。

そして道が決まったら準備をして進んでいこう。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

合わせて読みたい記事

会社に依存しない生き方
自分のビジネスを持つということ

仕事で得られる情報を使う
仕事の情報を使ってブログで稼ぐ方法

趣味からの情報発信
趣味を武器にブログで稼ぐ方法

将来のためにできること
副業ブログで会社に依存しない未来を作る