ネットショップ・通販の運営で役立つおすすめの本

ネットショップ・通販の運営で役立つおすすめの本 マーケティング

こんにちは、あっくんです。

会社の仕事がWebの管理、自社サイト・amazon・楽天・Yahooショッピングの通販運営なのでネットショップに役立つ本のおすすめです。

取り扱っている商材やサービスによって合う合わないがあると思います。

小手先の技術や知識も必要だけど、最終的には会社が持っている商材やサービスに需要と社員の売る熱量の部分もありますが、知識としておすすめの本をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEO内部対策の教科書

自社サイト、通販サイトは検索からの流入が大事なので、SEOの本一冊は一応読んでみましょう。

ネットにも情報は転がっていますが、本の方が正確なものがあります。

ただ時代によって変わってくるので読むならその時の最新のもの1冊で十分。

何冊か読んだ結果、似たような内容が書かれているので、基本的なことを覚えたら、検索の次、購入や成約の強化をした方がいいですね。

心理マーケティング100の法則

内容は購買心理です。

通販でも使えるし、お店の接客でも使えます。

心理の話なので、同僚へのお願い、上司から部下、部下から上司の人間関係にもつながります。

心理の本も一冊はあると便利だと思います。ただ知っているより活用しないと意味がないのでこの手の本も一冊あればいいぐらいかな。

沈黙のWebマーケティング

マンガなので読みやすい。

ストーリーでわかりやすく説明されています。

すこし昔の本ではあるのですが、内容はWebの本質です。原点というか初心を理解できたり思い出させてくれます。

沈黙のWebライティング

上と同様、こっちは文章ライティングメイン。

最初に紹介したSEOは構造の話、こっちの本はSEOの本質の話です。

マンガでわかるWebマーケティング改訂版

ざっくりWebマーケティングって?という人はまずはここから。

Webの本ってあるようでないし、あってもどれがいいのかわからない場合も多いと思います。

マンガなのでサクッと読んで、集客と転換、PVとCVについて理解し自身の仕事に活かすといいです。

まとめ、たくさん読んでもWebの売り上げアップに正解はない

検索の基本、SEOの基本を知り、まずは会社の主力商品を強化、そして横展開。

新しい反応があれば、それを強化、そして横展開。

地道な努力の積み重ねになると思います。

ページの作り込みも作業対効果の問題があるので出来るところからコツコツと。

仕入れの時点で勝負が決まっている商材もあるので、だめな商材は損切りも必要かなと思います。

基本的な情報を本で得て、あとはひたすら自分の会社に落とし込み、PDCAを回すのがWebだと思っています。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

合わせて読みたい記事

ネットショップでクリック率向上やファーストビューは大切
ネットショップで売れるための商品写真の撮り方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マーケティング
今日より明日。