賃貸 vs 持ち家のメリット・デメリットに差はなし、ポイントは2つだけ

賃貸 vs 持ち家のメリット・デメリットに差はなし、ポイントは2つだけ 暮らしについて

こんにちは、あっくんです。

住む場所の永遠のテーマである賃貸と持ち家。

その後の暮らしに影響があるので難しい問題です。

しかし結局は毎月いくらか払うことに変わりはないので、答えはシンプルです。

住む場所を変えたいか変えたくないか。

自分の家になるかならないかです。

まずはメリット・デメリットを比べてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

賃貸と持ち家のメリット・デメリット

賃貸のメリット

  • 住む場所を選ばない。
  • 環境に合わせて自由に引っ越しが出来る。
  • 借りているので、自然な修繕は大家さんにお願いできる。

1番のメリットは自由に引っ越しが出来る点です。

仕事が変わる、環境が気に入らない、近所の人と合わないなどで引っ越しが可能です。

賃貸のデメリット

  • 借りている場所なので、お部屋を自由にリフォームできない。
  • 支払いは永遠にある。
  • 自分のものにはならない。

借り物なので部屋をリフォームできません。

収入があってもなくても、毎月住んでいる限り支払いがあります。

持ち家のメリット

  • 自分のものなので自由にリフォームが可能。
  • 一国一城の主になる。
  • 世帯主にいざということがあってら住宅ローンの支払いはなくなる。

自分のものとして暮らせる。

資産として残すことができます。

持ち家のデメリット

  • 簡単に住む場所を替えられない。
  • 住居の資産価値は不透明。

環境が合わなくても簡単に住む場所を変えられない。

資産になるが、今後その場所の価値はわからない。

賃貸か持ち家かは、人によって好みの問題、差はなし

どちらが圧倒的にいいということがないので永遠のテーマです。

自由に移動できるか、自分の資産として残せるかがポイントになりますね。

まとめ、自由か資産か

いろいろな場所で暮らしたい、転勤が多い仕事、家の修理とか考えたくないなら賃貸。

自分のものが欲しい、自由にリフォームしたいなら持ち家です。

僕の場合は、人生何が起きるかわからないので、自分にいざという時があったら住宅ローンはなくなり、住むも売るも自由に出来る資産と思い持ち家を選びました。

30歳を過ぎるといろいろ考えてしまいますね。家もその一つ。家族に残せるものになればいいと思ってます。

近所も環境も問題ないので、今のところ持ち家で正解だと感じています。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしについて
今日より明日。