売りたい商品を売る方法、真ん中が選ばれる「松竹梅の法則」について

売りたい商品を売る方法、真ん中が選ばれる「松竹梅の法則」について マーケティング

こんにちは、あっくんです。

選択肢が複数あると真ん中が選ばれやすい「松竹梅の法則」

売りたい商品がある時は、その上下に価格設定をつける。

そうすると売りたい商品の真ん中が選ばれやすいということになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく見かける松竹梅の法則について

出前お寿司のラインナップ、コース料理選びなどでこの法則を受けていると思います。

一番高いのは値段的に高く感じる、逆に安いのは何か違う気がする、そして真ん中を選ぶ。

3種類の価格帯にアンカリンク効果を受け、基準となる金額がイメージされます。そして高い金額と低い金額のコントラスト効果を受けた結果、ついつい間の金額を選んでしまうものです。

お店で使える松竹梅の法則

売りたい商品の上を見せ、「いいけどちょっと高い」。そして逆に下を見せる、「安いとやっぱり違うな」。そして真ん中を見せることで真ん中=売りたい商品を選ばせるテクニックです。

コントラスト効果でも同様に、不動産屋さんが使うテクニックでもあります。

価格帯のイメージと高い安いのコントラストが使えるので、売りたい商品がある場合、上下の商品で紹介できるものを用意しておくと売れる可能性を上げることが出来ます。

通販で使える松竹梅の法則

選択肢に価格設定3つを入れることで、同様の効果が得られやすくなります。

選択肢が難しい場合、お買い物かご付近にバナーで価格設定の違う商品リンクを置くことで法則を誘発できます。

よくある例だと、月額系のサービスを選ばせるとき3択になることが多いと思います。

ライトプラン・スタンダードプラン・プレミアムなど、ここでもやはりスタンダードが選ばれやすくなります。

客として松竹梅の法則が来た時

他の選択肢を確認したり、よく検討してみよう。ほかに可能性はないのか?別の商品がないのか?

出された選択肢で選ぶとお店の思うつぼになります。真ん中が選ばれることから利益率が一番高く設定されている場合もあります。

本当に自分に合う商品が真ん中なのかをじっくり考えてみよう。

「いくらぐらいをご希望ですか?」と聞かれたらわざと低めに答えると、相手は真ん中を言った金額の少し高めのものを持ってきます。予算オーバーを防げますね。

まとめ、「松竹梅の法則」は選択肢を作るということ

購入する時、選択肢があると選びやすくなります。

そして真ん中が選ばれやすくなるので、売りたい商品を真ん中にしたラインナップを用意して見せると売りたい商品への誘導が可能になります。

狙った商品がある場合、誘導に使える方法だと思います。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マーケティング
今日より明日。