googleアナリティクスの設定方法、必要になるので必ず設置。【簡単】

googleアナリティクスの設定方法、必要になるので必ず設置。【簡単】 便利ツール・サイト

こんにちは。今日より明日を良くするあっくんです。

サイトやブログを立ち上げ時から設置しておいた方がいいgoogleアナリティクスです。

立ち上げ初期は使いませんが、のちに良く見られているページや最初に見るページなど確認し、改善の役立つので必ず設置しておきましょう。

アナリティクスと聞くと難しい感じがしますが、設置はとても簡単です。

3ステップ+確認。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

googleアカウントの作成

googleの無料ツールなので、googleアカウントが必要になります。

gmailをすでに持っている人はアカウントがある状態です。

googleアカウントの作成

名前・メールアドレスやパスワードを登録するだけです。

アナリティクスへ申し込み

googleアカウントを作成したら、次はアナリティクスへ申し込みをします。

googleアナリティクス

名前・使用するサイト名・URL・タイムゾーンを日本。

わからないところはそのままでOKです。

トラッキングコードの設置

トラッキングコードが貼り付けてあるページがデータを取得できますといった感じなので、全てのページに張り付けることになります。

アナリティクスへ申し込みをしたらトラッキングコードが表示されます。

<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>
から
</script>
までがトラッキングコードです。コピーしましょう。

トラッキングコードがどこにあるかわからなくなったら、左下の「歯車アイコンの管理」から「トラッキング情報」-「トラッキングコード」から確認できます。

トラッキングコードの確認画面

コピーしたトラッキングコードは、HTMLでいうところのheadタグ内に貼り付けます。

<head>~</head>に囲まれた中の、</head>の前に設置する感じです。

こんな感じ、
<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>
<script ~ 
・・・ 
</script>
</head>

ワードプレスだと、使っているテーマによって表示は異なりますが、「外観」や「テーマの編集」の中にヘッダー(header.php)の中に貼り付けます。

※必ず子テーマの方に張り付けてください。

Wordpressの子テーマでカスタマイズやアクセス解析コードの貼り付けを行う
ワードプレスを始めて使う時おすすめのテーマには、親テーマと子テーマがあります。テーマの追加は親子ともインストール。編集カスタマイズは必ず子テーマの方で行いましょう。

アナリティクスの確認

ページを見ている状態で、アナリティクス内の「リアルタイム」-「概要」を見ると1が表示されたら問題なしです。

その1は、自分です。

自分のアクセスを除外する方法として、ブラウザChromeであれば、Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)の機能を追加すると自分を除外出来ます。

まとめ

サイトのアクセス解析で有名なGoogleアナリティクスの導入方法。

Googleのアカウントを作成する。
アナリティクスへ申し込みする。
トラッキングコードを貼り付ける。

サーチコンソールへの登録は別記事をご覧ください。

サーチコンソール登録方法、ブログサイトを作ったら必ず登録
Googleの無料ツール、サーチコンソールの登録方法についてです。サイトの情報を確認できます。グーグルに登録されているか?エラーはないか?ページの情報、キーワードも確認出来るので必ず登録をしておきましょう。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

アナリティクスの見方、確認ポイントからアクセス解析に役立てよう
Googleアナリティクスの解析と聞くと難しいイメージであったり、結局何を見ればいいのかわからない時に、最低限見て欲しいところをご紹介。入り口から出口までのページを確認して改善に役立てよう。
不正アクセス対策!たまにGoogleアナリティクスを見ておこう
体験談、ブログを立ち上げた初期に訪れた変なアクセス。たまにはGoogleアナリティクスを見ましょう。アナリティクスの不正アクセス対策とワードプレスの不正アクセス対策の設定についてご紹介。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
便利ツール・サイト
今日より明日。