会社の飲み会が嫌い、行きたくないなら『飲み会を断る自分を作る』

会社の飲み会が嫌い、行きたくないなら『飲み会を断る自分を作る』 働き方・生き方について

こんにちは、あっくんです。

年末の忘年会、年始の新年会、そのほかにも歓迎会、送別会。

会社には仕事じゃないけど仕事のような飲み会が時間外で行われます。

飲み会大好きなら問題ないけど、嫌いな場合は苦痛でしかありませんよね。

一度はっきりとした姿勢を見せるのも大事だと考えます。

どうしても行かないといけない時は、行くメリットを意識しておくと少しは苦痛が和らぎます。

それでもやはり行きたくないなら、最終的に飲み会不参加の自分を作り上げよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飲み会は嫌い、飲み会に行かないメリット

自分の時間の確保、飲み会に行かないメリットはこれだと思います。

限られた時間の中で自分のやりたいことをするので、やりたいことがある人や副業を頑張る人、家族との時間が一番の人にとっては会社の飲み会にいてる時間が無駄だったりもったいないと思います。

会社が一番ではない人は、行かない選択の方が正解ですね。

飲み会に行かなかった場合のデメリット

会社は大人の集団なので飲み会に行かないからといって、仕事の人間関係に影響が出る会社はどうかと思いますが、やはり一定数は付き合いが悪い人として軽くディスってくるかもしれません。

仕事をスムーズに進めるために、ある程度の人間関係が必要で、その関係作りをする場所の一つが飲み会ではないでしょうか。

なので少し関係を構築しておき、後々仕事をやりやすくするために、一度は行ってみることも検討できる要素ではあります。

ただ基本的に通常業務だけでも十分に関係の構築が出来るので、わざわざ飲み会に行かなくてもいいと僕は思います。

関係の構築が出来たら、あとは飲み会不参加でも特に問題の自分の出来上がりです。

飲み会が強制参加で行くしかない時

飲み会が避けられない会社の場合、素直にメリットに目を向けておこう。

どうせ行かないといけないなら、ストレスを少しでも減らすために自分に合った目的を用意し参加してみよう。飲み会嫌いな人は参加が受け身になるので、別の主体的目的を持つと良いです。

仕事で仲良くなりたい人、仲良くしておく方が得な人と話す

仕事で使える人、関係を良くしておいた方が後で仕事が楽になることを目的として飲み会に参加する。

仕事の問題点を発見する

何げなくやっている業務でも他の人や違う部署から実は変えて欲しい所があるかもしれません。

溜まりに溜まって急にトラブルになる前に、事前に対処できる不満ポイントが発見できる可能性があります。

仕事では話さない内容の話を聞く

普段聞かない話が聞けるので、仕事、プライベート、副業で利用できるコンテンツを得る。

気の合う人を見つける

業務上、話すことがないけど、飲み会をきっかけに気の合う友人のような存在がいるかもしれません。

気になる異性にも近づくチャンスでもあります。

仕事をスムーズに行うため

会社の飲み会には、一体感やグループ意識、仲間意識が目的でもあります。

会社との距離感も大事ですが、仲間意識があれば、仕事も投げやすくその後のタスクがスムーズになるかもしれません。

結果、業務がスムーズに進めば残業が減り自分の時間を増やせます。

食事

会社や上司が支払うので、一食分の食費が浮きます。

もしくは普段食べないちょっと良いものが食べられるかもしれません。

どうしての飲み会に行きたくない時

たまにしかないので、予定があって行けないと言うのも手ですし、毎回だと難しいならたまに不参加で徐々に回数を減らしてみるのも手段です。

本気で行きたくない時は、ハッキリ行かない意思を伝えるのも選択だと思います。

無理して行って毎回ストレスに感じるなら、いっそ行かない。

仕事だから正社員だからといった『~~だから』『~~すべき』みたいなものに振り回されず自分の人生を掴む意識も自立した大人の人間ではないでしょうか。

ただ最初から避けらるものではないので、何回かは行く必要があります。

その場合、飲み会向きじゃない人は話しやすい人の席の近くにいておこう。

そして少しずつ回数を減らすために飲み会に行けない理由を用意しておく。

最終的に意思表示をして、自分が何を優先しているかの理解が得られれば、飲み会に行かなくても気にされない存在になれます。

まとめ、飲み会で疲れるなら無理せず行かない意思表示

通常業務でコミュニケーションを取り、自分は何を優先しているかを伝えておくと飲み会不参加が安定します。

僕の場合、『何よりも家族優先』、『子供との時間が大切』ということを伝えているので、毎日定時帰宅、毎回飲み会不参加です。それでも人間関係は問題なく、上司からの信頼にも影響なしです。

僕以外の断っている例は、「予定がある」、「次の日の朝が早い」と言って断っています。

即答で断れない人は、「予定を確認してみます。」からの「すみません予定が入っているので~」いう流れで断っていますね。

仕事だから当たり前みたいなものに流されず、自分の意思表示が大事だと思います。

誰かが代わりに断ってくれるなんてことはないので、自分の本心で生きてみよう。

たった1度の人生なので、他の誰でもなく自分のために時間を使えるようにしていくと毎日が楽しくなります。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

合わせて読みたい記事

会社に依存しない生き方
自分のビジネスを持つということ

仕事で得られる情報を使う
仕事の情報を使ってブログで稼ぐ方法

趣味からの情報発信
趣味を武器にブログで稼ぐ方法

将来のために今できること
今のうちに副業ブログで会社に依存しない自分を作る