子供の写真のおすすめ保存方法。どんどん増える子供の画像!

子供の写真のおすすめ保存方法。どんどん増える子供の画像! 子育て・子供と遊ぶ

こんにちは、あっくんです。

子供の写真データは親にとって大切な思い出。

そんな画像データが数枚だったら余裕だけど、日々の子育てや仕事、忙しい毎日の中で写真の整理や保存先に困ると思います。

実際「どうしてる?」と聞かれることもあるので、僕なりの保存方法の選び方について。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

安心して使えつつ、スマホでいつでも見れるのがクラウドサービス

有名で安心度でいくと、Googleドライブが良いと思います。

無料だと15GB、有料月額だと2TB~使えるのでテレビの録画用外付けハードディスク以上に保存できます。

ただ目に見えるところに保管できない、クラウドという何とも言えない不安がある場合、他の記憶媒体をおすすめします。

保管長持ちのディスクに保存

永久に保存出来る訳ではありませんが、自分が生きている限りは保管が出来ます。

通常のDVDやBlu-rayでもOK。

さらに長期保存可能なディスクがM-disc。

ただ、これには問題があって、、、

ディスクにコピーする写真の選別や毎回コピーする作業がすごい面倒なのです。

1日遊園地、しばらく旅行に行くと100枚以上になる画像データを仕分けるのはかなり大変。

だからといって写真整理を無視しつつディスクにコピーしたとしても、1回ならいいのですが、定期的に何回もあるとなると確実に面倒になります。

なので限定的に、特別な時の保存用としてはディスクはおすすめです。

楽で無難な方法、パソコンか外付けハードディスクに保存

仕事でもプライベートでも、自宅で使う可能性が高いのがパソコンです。

とても大切な写真画像ですが、1枚1枚残す残さないを選ぶと段々面倒になっていきます。

その日の写真はその日付のフォルダに一気に保存。

日常を過ごしながら、写真も残すならこれが結局これが一番楽です。

ただパソコンは頻繁に読み書きが行われるので故障の可能性も出てきます。

なので写真保存用として外付けハードディスクをおすすめします。

「家でパソコンあまり起動しないんだよね。」って人には、自宅にネット回線があれば、スマホからでもアクセスできるハードディスクもあります。

ハードディスクの注意点は、衝撃に弱いので置く場所は安定したところにしておきましょう。

もしパソコンが壊れて起動しなくなった時、中のデータだけでも取り出せる可能性もあります。

壊れたパソコンのハードディスクと動くパソコンのUSBで繋いで移動するものです。

どんな保存でもなくなる可能性はある

どんな保存方法を選んでも、なくなるリスクはあるので、本当に大切なものは複数の保存方法を使うことをおすすめします。

そしてたまには1枚の写真としてプリントアウト、フォトブック作成がおすすめ。

データは一覧で見やすく便利、1枚の写真にすると飾ったりできるのでいいものです。

子供の写真、画像データの保存方法のまとめ

  • 安心安全で容量も十分なのがクラウド → ただ手元にない感あり
  • 手元にありつつ、順に収納できるのがディスク保存 → しかしデータ保存が面倒
  • 日常から手軽に保存可能なのがハードディスク保存 → 故障の可能性があるので衝撃に注意

写真の保存はたくさんありすぎると大切だけど本当に面倒になるので、こまめに整理をする習慣を作るか、まるっとまとめて保存のどちらかがいいですね。

そしてパソコンやスマホから直接保存出来て見やすく便利もいいけど、たまにはフォトブックにしたり、1枚の写真にしてのんびり見てみよう。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

合わせて読みたい記事

今楽しまないと、あっという間に過ぎていく
生涯で子供と一緒に過ごす時間は意外と短い

雨の日の遊び
親子で一緒に楽しむ任天堂スイッチのゲームソフト

お風呂の時間を楽しもう
お風呂の時間に楽しく学ぶ、1歳から5歳のおすすめ学習ポスター

2度と無い一瞬を思い出に
子どもの成長は一眼レフカメラでキレイに記録

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
子育て・子供と遊ぶ
今日より明日。