【親心】子どもの成長は一眼レフカメラでキレイに記録。【2度と無い一瞬を】

【親心】子どもの成長は一眼レフカメラでキレイに記録。【2度と無い一瞬を】 子育て・子供と遊ぶ

子供が生まれたら、やっぱり少しでもきれいに撮りたいですよね。

そこでいいカメラと言えば一眼レフ。

でもカメラは詳しくない、手を出したいけど使いきれるか悩んでいる人にキャノンの6dをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一眼レフにこだわる

イメージセンサーの大きさが画像のキレイ度に比例します。

イメージセンサーはカメラの中の部品の1つですが、その部品には大きさがあります。

スマホにもイメージセンサーがあり、性能が上がってきていてもセンサーのサイズはとても小さいので拡大してみると案外荒れた画像になっているわけです。

イメージセンサーの大きさ35mm相当がフルサイズと呼ばれています。せっかくの一眼レフならフルサイズを選びたいところです。

他に一段小さくAPS-Cや、もう一つ下のフォーサーズになります。

店頭でPOP見るなら、フルサイズ(35mm相当)>APS-C>フォーサーズがイメージセンサーの大きさ順です。

これから長い成長を撮っていくなら断然35mmの一眼レフカメラでクリアな画像を撮っていきましょう。

なぜキャノンなの?

こだわりがあるならニコンでもOK、他でもOK、でもキャノンは割とスタンダード、オールラウンダーなので初めてでも使いやすくキャノンをおすすめしています。

使っている人も多いので、検索したらわからないことは出てきやすいですね。

軽い一眼レフのカメラ

6dはとても軽量に作られています。

初めての一眼レフで、いきなり重たいカメラだとなかなか持ち出すのが大変で結果、お留守番になる可能性があります。

まずは持ち出す習慣をつけて、どんどん撮っていきましょう。

一眼レフカメラの料金

一眼レフカメラにも値段差があります。画素数を上げていくと高くなるので、6dは比較的安価になります。

生涯6Dなわけではないので、まず慣れて趣味レベルになったら5Dや1D、他のカメラにするといいですね。

レンズのおすすめ

レンズキットを購入、これでまずは十分です。

オーソドックスな標準のズームレンズで慣れよう。

いろいろ欲しくなるけど、高いから徐々に増やす感じでいきます。

新たに買い足す時は、フルサイズ用のレンズを選びましょう。

まとめ、一眼レフカメラをおすすめ

思い出の写真って意外と子供は見ないもの、ぶっちゃ親が懐かしく楽しむものな気がします。

小さい時の子供の写真てニヤニヤしながらずっと見ていられる不思議。

成長と共に、カメラも上達していければと思います。

それでは、良いカメラライフを遅れますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
子育て・子供と遊ぶ
今日より明日。