【ブログ初心者へ】記事が書けるようになる構成

【ブログ初心者へ】記事が書けるようになる構成 ブログの書き方

こんにちは。今日より明日を良くしたいあっくんです。

ブログで初めて記事を書く人が最初にぶつかる壁。

「どんな風に書いたらいいかわ分からない。」

「ちょっと書いたら終わってしまった。」

「そもそも全然書けない。」

などで困るかと思います。

文章を書くのが実は好きだった、昔書いたことがある、そうゆう人なら書けちゃうのでしょうが、
人生初のブログという初心者には難しいところです。

ブログ初心者さんには、ブログの基本構成で始めてみることをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の始まり「導入文」

記事の始まり「導入文」

読んでいただく人たちが、どんな情報が欲しいのか、何に困っているのかを明確にします。

・最近~に困っていませんか?
・~についてどっちを選んだらいいかわからない
・~について詳しく知りたいな。
などです。

なので見に来た人にどのような内容が書いてあるのか、求める結果が得られるだろうか。
ということから始めます。

僕は初めての人が基本だと思うので、あいさつ文を入れるようにしています。

記事を読めば求めるものがある「結論」

記事を読めば求めるものがある「結論」

検索して調べているとき、目を通しても求める結果がなかったり、読み終わっても結局どうしたらいいんだ?で終わるページがあります。

たぶんそんな経験があるのではないでしょうか。

必ず導入文の次に結論を書きましょう。
何かについて調べて来た人、参考にしたくて来た人、詳しく知りたくて来た人、それぞれ内容に対して満足のいく答えを先に伝えることです。

ベネフィットと呼ばれるものですね。
初めからじっくり読む気で入ってこないので、パッと見て答えがあるかないかを判断されます。

なので結論が下の方にあると読む前に出て行ってしまうのです。

何か違うなーと思ったら読まないので、
先に、求めるものがあることを伝えてから本文を書いていきましょう。

結論に対して、割って説明する「見出し」

結論に対して、割って説明する「見出し」

結論は最初に書いているので、
その理由などを見出しと本文を1セットにして書いていきます。

例えば、商品・モノについての話だと。

・商品・モノが持つメリット
・素材や機能
・使った感想
・逆にダメだったことなどです。

最初にいくつか見出しを付けてあげると、ひとつひとつが書きやすいです。

なのでまず、1記事3つ4つ見出しを付けてから本文を書いていきましょう。

もしかすると、見出しで出てきた内容のみの記事も次のネタとして思いつくかもしれません。

上の例で出てきた「機能」で、
この「機能で特化した商品・モノのまとめ」や「機能そのものについて」などです。

最後に終わりの言葉を入れる「まとめ」

最後に終わりの言葉を入れる「まとめ」

文字通り、書いてきた見出しのまとめです。
こういったことからこの結論になりました。といった感じですね。

全部読むのが面倒な人には、まとめを読んでもらいましょう。
詳しく知りたくなったら、その箇所の見出しが読まれるでしょう。

そして、終わりの言葉。
次に起こして欲しいアクションです。

さり気なく、商品・モノのリンクを貼ったり、
他に読んでほしい記事のリンクを貼ったり、
必ず次の行動に誘導しましょう。

記事構成についてのまとめ

見に来てくれた人へ興味や関心、問題点、共感を得るための導入文を書く。
次に結論として答えや気になることの解消を書く。

そして中身を見出しと本文を1セットにしていくつか書く。
最後にまとめを書いて、次の行動に誘導する流れです。

これが基本型です。ここからたくさん記事を書くうちに、自分なりの書きやすい型に変わっていくと思います。
まずはたくさん記事を書いていきましょう。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

【アフィリエイト初心者】どうしても気になる文字数1000文字とか3000文字とか
アフィリエイト初心者へ、最初はどうしても気になる文字数、1000文字2000文字3000文字?多いといい?少ないとダメ?結局何文字がいいのかわからない人への参考の記事です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログの書き方
今日より明日。