物件選びのポイントや注意点、大きな買い物を失敗しないためのコツ

物件選びのポイントや注意点、大きな買い物を失敗しないためのコツ 暮らしについて

こんにちは、あっくんです。

住む場所選び、物件探しという大きな買い物の確認ポイントです。

就職活動と同じで100点満点の場所はないので、優先順位を考えておくといいです。

いい物件は取り合い、不動産もすぐ成約が取れるので皆紹介しています。

運と縁とタイミングになるので、すぐに判断できるように確認するべきポイントを集めました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

立地条件

部屋の広さ、駅までの距離、物件代のバランスなど、考えておいた方がいいところです。

駅からの距離

駅から近い方が便利なので、当然物件代は高くなります。

お部屋の広さと価格がいい物件であっても、毎日仕事に行くことを考た時、駅までの距離がありすぎるとさすがに疲れてしまいます。

ほぼ毎日駅までいくので、歩ける範囲で決めるのか、交通手段を使って駅から離れた距離でもOKなのか決めておくといいです。

かなり離れた家なら、バスで駅まで行き、そこから電車で会社に行くこともできますが、通勤時間が長くなる場合の起床時間、睡眠時間にも影響が出るので考えておきましょう。

毎日歩く道

たとえ駅から近い場合でも、仕事帰りに歩く道は夜になります。ひと気があるのかどうかも確認しておきましょう。

家族がいる場合、娘さんが学校帰りに通る道にもなるので、家族が通ることを想定して確認しておきましょう。

マンションの部屋の位置

マンションなら1Fや角部屋、最上階でも違います。一方向でも誰もいない方が好まれますがデメリットもあります。

1Fの部屋

下には人がいなのでドスドスして歩けるし、家賃も低い場合などのメリットはありますが、目線の位置から部屋が見られる?

女性の場合は特に気になる問題になりますね。しかし、情報だけで判断するのではなく実際を見ることをおすすめします。1階だけであって実際は高い位置にマンションがある場合、体感2,3階のような場所もあります。

坂になっている場所にマンションが建っている場合などに多いです。

逆に2Fであっても道より一段下がってマンションがある場合、2Fが目線の位置になるところもあります。

角部屋

角部屋も一方が誰もいないので安心です。窓も多いでしょう。しかし、太陽の方向から夏は蒸されるし、風の向きで直撃する場合ガタガタうるさい場合もあります。

最上階

最上階も同様で夏は太陽の熱をもろに受けます。雨の音の聞こえやすさにも注意が必要です。

上の階に住む場合、家賃は高くなる傾向にあります。さらにエレベーターの待ち時間がタイミングによっては非常に長くなります。遅刻ギリギリ、トイレに行きたい時は必死です。

多くはないですが、非常時、緊急時は階段になります。地震の時など階段を使うことになりますね。

周辺環境

昼と夜・時間帯による違い

どこの物件の探し方でも紹介されている昼と夜の環境の確認です。

夜は静かだったけど、昼は学校が近くて登下校の時間はとても音が気になる。もしくは昼は静かだけど夜は近隣の人がうるさい。

休みの日、祝日に物件を確認したけど、平日は通勤で車通りが多かったなど気にするとキリがありませんが、失敗するとその後の生活に影響があるので念のため確認しておきましょう。

施設、スーパー、病院

駅から家までの間にスーパーや薬局があると助かります。

いざという時の病院はどこになるのか、休みの日の買い物先はどこになるのか、近くにあるかどうか見ておきましょう。

コンビニは商品代が高いから普段スーパーで買っている場合でも、暮らしていくとたまにパッと行ける距離にコンビニがあれば助かります。

仕事帰りに寄れる病院や市販の風邪薬が買える場所があるとないとでも生活の楽さが変わってきます。

さらに、今後の家族構成の変化で、学校や幼稚園は近くにあるのか、歩いていける距離なのかも大切なところです。

設備環境

使わない・使いにくい機能

よく言われるのが、ロフト。

カッコいいと思っても実際生活すると物置になっています。

ユニットバス

1人暮らしなら家賃重視でユニットバスOKでもいいでしょうが、やはり基本はトイレ・お風呂は別がいいです。

コンセントなどの位置

コンセントが使いたいところに無い、変な位置にある。コンセントが欲しい位置に使わないガスの栓があったりもしますので、コンセントは確認ポイントです。

ここ最近はあまりないでしょうが、光ファイバーが通っていない。もしくはネット回線のさす位置、WiFiが基本ならあまり気にしない所ですが、こだわりの有線派なら確認です。

洗濯機置き場

まれにベランダなどの外に置くところもあるので見ておきましょう。

都市ガスかプロパンガス

ガス料金が違うので都市ガスかどうか確認しておきます。しかし都市ガスじゃないとNGということではなく、家賃が安くてプロパンガスなどバランスで考えるといいです。

オートロック

女性の場合、あると安心度が違いますね。いきなり外と繋がるか、玄関ドアとマンションのオートロックの2枚かでは気持ちが全然違います。

ペットOK

ペットOKのマンションなら静かなのだろうか?匂いはどうだろうか、自分が飼っていない場合気になるところです。

そのほか確認ポイント

部屋の防音効果、壁に耳を当てて隣の音がどれくらい聞こえるのか。かなりハッキリ聞こえるとさすがにちょっと嫌ですね。

中古物件、賃貸なら窓の近く押し入れ、収納スペースのカビ具合を見よう。

マンションはカビとの戦いでもありますが、見た目きれいでもあまり目にしないところに本当の姿があるかもしれません。

共有スペースのキレイさ、管理人の仕事っぷり。

掲示板のポスターが整っているかなどで、管理人がきちんとしているかわかります。

家賃以外の諸費用、敷金・礼金はありなし?毎月の管理費はいくら?

マンションの管理会社・大家さんはどんな人?

まとめ、縁とタイミング、いい物件は取り合いになる

賃貸の場合、最悪引っ越しができますが、購入になると失敗は厳しいです。

しかし失敗するとその後の生活がガッカリするので、ある程度、自分の優先順位や確認したいポイントを押さえておきましょう。

物件を見せてもらう時には担当者に質問や周辺を確認したり可能な限り情報収集し、いいと思ったら少しキープです。

いい物件は他の不動産でも紹介されていますので、縁とタイミングになります。

素敵な新生活になればいいですね。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

合わせて読みたい記事

永遠のテーマ。賃貸か持ち家か
メリット・デメリットに差はなし、ポイントは2つだけ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしについて
今日より明日。