アナリティクスの見方、確認ポイントからアクセス解析に役立てよう

アナリティクスの見方、最低限確認するところから解析に役立てよう アクセス解析

こんにちは、あっくんです。

Googleアナリティクスの見方がわからない、どこを見ればいいのかわからない時に最低限見るべきところを伝えます。

アナリティクスのすべての機能を使いこなす人はあまりいないように思いますので、少しずつ役に立つところを覚えていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく見られるページを確認する

アナリティクス内の「行動」-「サイトコンテンツ」-「すべてのページ」

サイトやブログ内の見られているページ順に表示してくれます。右上で期間を指定できます。

よく見られるページに対策がうてます。

  • 見て欲しいページのリンクを貼る。
  • 広告のあるページに誘導する。
  • 見られているページに広告を貼る。

需要の高いページが見れるので確認しておきましょう。

入り口になるページを確認する

アナリティクス内の「行動」-「サイトコンテンツ」-「ランディングページ」

最初に訪れるページ(LP)順に表示してくれます。

検索で上位表示など検索順位がいいページになるかと思われます。どのページのキーワードがうまくいっているかなど確認できます。

また直帰率や平均セッション時間の改善が可能です。

直帰率

直帰率が高いと、そのページだけを見てすぐ帰ってしまった割合が多いということです。キーワードやタイトルと本文が合っていない可能性があります。

キーワードやタイトルを見てクリックしてきたけど、本文や導入文の時点で「これじゃない」と思って出ていくと直帰率が高くなります。

平均セッション時間

平均セッション時間はページを見ている時間です。短いと直帰率同様、本文や導入文の時点でページから離れています。もしくは情報不足の可能性もあるので本文強化が必要になります。

逆に平均セッション時間が長いと、しっかり読まれている可能性があります。

関連記事へのリンクを貼って他のページも読んでもらう(回遊)してもらうこともできますし、本文に合った広告を最後に入れておくと押してもらえる可能性があります。

最後になっているページを確認する

アナリティクス内の「行動」-「サイトコンテンツ」-「離脱ページ」

サイトやブログ内の最後に見たページ順です。

離脱率が他のページに比べ高くなっているページに対して、本文強化や関連記事へのリンクを貼ることで離脱率を下げられるかもしれません。

なるべく多くのページを見てもらうためにも、離脱率が明らかに高いページは改善しておきましょう。

どこから訪れたのか確認する

アナリティクス内の「集客」-「概要」

基本は検索からになりますが、どうやって訪れたのかを確認できます。

  • Organic Search・・・検索
  • Direct・・・ブックマークなど直接
  • Referral・・・外部リンク
  • Social・・・ツイッターなどSNS

ソーシャルを利用しているならどれぐらい効果があるのかが確認できます。

まとめ

アナリティクスの解析で最低限見るところは、入り口から出口のページです。

見る人がどこから来て、どのページを最初に見て、何のページが良く見られて、最後に見ているページが何なのか。

1つ1つ見ながら、良いページ、改善すべきページを解析していきましょう。

改善したページは後日必ず効果を確認しておきましょう。

良くなれば他でも使えますし、悪くなってしまったなら戻した方がいいですね。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセス解析
今日より明日。