アフィリエイトを始めたらssl対応は当たり前【警告表示】

アフィリエイトを始めたらssl対応は当たり前【警告表示】 ブログのSEO・検索対策

こんにちは。今日より明日を良くしたいあっくんです。

常時SSL化と呼ばれるものについてです。

SSL化とはサイトの通信を安全に行う、暗号化して通信を行うこと。SSL化されていないと警告表示が出るので、アフィリエイトを始めた時ついでにやっておきましょう。
見た目にはサイトのURLがhttpからhttpsになります。

常時SSL化と言われるぐらいhttpsが当たり前になるので、あとでリンク先の変更作業(httpからhttpsに変更)をするより、先にやっておいた方が楽。

ユーザーにも「通信が安全ではない」表示が出ない方が安心なのでやっておきましょう。

検索順位にも少なからず影響があります。Googleにとって「ユーザーに良いページ」を上位に表示したい考えなので、セキュリティ面で考慮されているサイトは評価されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SSLとは

SSL化はセキュリティ対策

SSLとはサイトのセキュリティ対策のことです。

SSL化されていないサイトは、閲覧する時にデータの送受信を行うのですが、
第三者による盗聴や改ざんのリスク、個人情報が守れないのです。

安全な通信を行うために、個人情報を守るため、
データの送受信の暗号化をします。

SSL化による画面表示の違い

使用ブラウザによって見た目は異なりますが、
例えば、firefoxでSSL化されていない場合

firefoxのSSL化されていない表示

「この接続は安全ではありません」と表示されます。

Chromeの場合

ChromeのSSL化されていない表示

「保護されていません」の表示です。

では、SSL化されている場合

ChromeのSSL化されている表示

「この接続は保護されています」と表示されます。

SSL化されていないスマホやタブレットだと、サイトを開く前に画面に安全ではない表示が出たりするので、読む人にも印象よくありませんね。

「安全ではありません」とか「接続が保護されていません」とか言われたらちょっと引きますし、
すぐページから出て、他のページに行ってしますかもしれません。

SSL化による検索の効果、SEOに影響する

SSL化はSEOに影響する

Googleもhttpsを優遇すると言っている以上、影響が出ます。

仮にまったく互角のサイトがあったとして、一方はhttp、もう一方はhttpsの時、
httpsの方が、セキュリティ強化がされている訳です。

ページとしてどちらが信頼できるかは明らかですね。信頼されている方が上位にくる可能性があります。

どうせアフィリエイトを始めるならSSL化しておきましょう。

検索エンジンについては別記事にまとめてあります。

ブログのseo対策に必要なことは、Googleに愛されるページ
ブログの集客は、ほどんどが検索からになるので、その検索エンジンGoogleに愛されるページで作る必要があります。正しく構成されたページがseo対策になりますので、Googleの求めるページの理解から始めましょう。

SSL化のデメリット

すでにアフィリエイトをhttpで初めている場合、
httpsに内部リンクの変更作業が必要になります。

SSL化する場合、費用が発生する場合もあります。
レンタルサーバー選びの一つとして、独自SSL設定は無料か有料か確認することをおすすめします。
このサイトのレンタルサーバー、エックスサーバーは無料独自SSL設定がありました。

また自分のサイトを常時SSL化することで、アフィリエイトリンクの飛んだ先や他のサイトをおすすめするリンク先がSSL化に対応していない場合、
そのリンクを貼っているページは「保護されていません」の表示
になってしまいます。

今後のことを考えると、SSL化されていくでしょうし、少し気にする程度にしておきます。

まとめ

これからはSSL化、httpsが基本なので、SSL化をおすすめします。

アフィリエイトをするということは、サイトの管理者になるということ、サイトのセキュリティ・信頼性の向上は必須ではないでしょうか。

レンタルサーバーの選ぶときも、SSLについて確認することをおすすめします。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

【アフィリエイト初心者へ】おすすめのレンタルサーバーはどれ?
アフィリエイト初心者へ、おすすめのレンタルサーバーを3つ紹介しています。いろいろある中から厳選した3つの特徴を書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログのSEO・検索対策
今日より明日。