競合に勝つ!アフィリエイト初心者はロングテールキーワードを狙うしかない

競合に勝つ!アフィリエイト初心者はロングテールキーワードを狙うしかない ブログのSEO・検索対策

こんにちは、あっくんです。

アフィリエイトブログを始めたら、たくさんの記事を書いていきますよね。
しかし書きたい記事に似た内容はすでにたくさん存在しています。

これから競合と差別化しながら戦わないといけないのです。

そのために必要な手段が、記事のタイトルにロングテールキーワードを入れるということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロングテールキーワードのメリット

ロングテールとは、簡単に言うと絞ったキーワードを狙うということ、
引っ越しをキーワードとしていうと。

「引っ越し」・・・ビッグキーワード
「引っ越し 安い」・・・ミドルワード
「引っ越し 安い いつ」・・・スモールワード ← ここがロングテールです。

そんな少ない領域をキーワードに入れるメリットとは何か。

競合が少ない

「引っ越し」や「引っ越し 安い」のようなキーワードを入れて記事を作っても、ブログサイトを作ってすぐの頃では手も足もでません。

ロングテールで少ない競合の中で上位表示を狙いに行きます。

例え少なくてもアクセス0よりはマシな流入が見込めます。

ターゲットが絞れる

キーワードを絞り込むほど、ターゲットが絞れます。
ターゲットが絞れるということは、記事を書く内容も絞って書けるので、記事が書きやすくなります。

ロングテールでサイトの土台作り

ロングテールでサイトの土台作り

ロングテールの記事は書きやすく量産しやすいのが特徴です。
たくさんの記事が集まってミドルワード級のページになり、サイトの専門性が高くなります。

先ほどの「引っ越し」でいくと、「引っ越し」を含め生活についてがブログのテーマとして。

「引っ越し 安い」で、まとめページ、もしくはカテゴリーを強化しようと思ったら、

「引っ越し 安い いつ」
「引っ越し 安い 運送業者」
「引っ越し 安い 具体的な場所」
「引っ越し 安い 引っ越し業者」・・・
など関連した記事を作っていくことで、「引っ越し 安い」が強くなります。

同じ要領で「引っ越し 手続き」を強化するためロングテール記事が増えていくことで、徐々に「引っ越し」について専門的なサイトだと評価・信頼を得ます。

ロングテールの記事が集まってサイトの土台が完成していきます。

ロングテールキーワード探しは、関連キーワード取得ツールで探すといいです。

ロングテールの記事があると内部リンクの強化ができる

ロングテールの記事があると内部リンクの強化ができる

内部リンクは記事同士を繋げる道ですが、記事が複数ないと繋げようがありません。

記事が増えてくると関連した記事にリンクが貼れ、Googleにも関連した内容の記事を見てもらいやすくなります。
内部リンクもサイトの強化の1つとして記事同士繋いでいきましょう。

ロングテールキーワードの注意点

記事を量産するあまり、内容が重複する可能性が出てきます。
前に似たようなこと書いてあった!とならないように注意しましょう。

また量産することに目を向けすぎると、1つ1つの記事の質が薄くなるので、書くときは今書く記事に集中することです。

ロングテールはあくまで土台作り、ミドルワードでも戦えるようになることが目標にあることを忘れずに。

まとめ

アフィリエイトブログを始めたら、たくさんの記事を書く必要があります。
その記事の内容やキーワードはロングテールキーワードから選ぶとよいでしょう。

小さい規模の絞ったターゲットに1つずつ記事を書き、内部リンクで関連記事を繋ぎ、
テーマに沿った内容が増えることで、サイト全体の専門性信頼度が上がる土台となるでしょう。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

やらなきゃ損!ブログのSEO対策、初心者でもすぐ出来る内部対策
ブログのSEO対策について、初心者でも簡単にわかる内部対策をご紹介。せっかく書いた記事を見てもらうために自分で出来る検索対策です。すぐにでも出来る内容なので参考になると幸いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログのSEO・検索対策
今日より明日。