【アフィリエイトSEO対策】内部リンクの効果的な貼り方、正しく記事をつなげよう

アフィリエイトで重要、内部リンクの正しい貼り方とその効果について ブログのSEO・検索対策

こんにちは、あっくんです。

記事ページが増えてきたら、関連記事同士を内部リンクで繋げます。

リンクにも正しい貼り方があります。

内部リンクはページ同士を繋ぐだけでなく、ユーザーにも検索エンジンにも重要なので内部リンクの最適化は必ずやりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

内部リンクにはキーワードを入れる

リンクにする文字には、飛んだ先のページのキーワードを入れることで、関係がある内容という意味が伝わります。

ふわっとした文字、「こちら」「詳細」など何の?ってなる文字に使わず、「●●についてはこちら」「●●のページで詳細をご覧いただけます」といった飛んだ先の内容がわかるリンクを作りましょう。

関連記事にリンクを貼る

記事作成当初は、記事が少なくリンクで繋ぐことはできませんが、増えてくると関係ある記事にリンクを貼ってサイトを強化していきます。

繋げればいいというわけではないので、関係する内容同士つなげるのが鉄則です。

ユーザーが次に読みたくなる記事、本文で気になった箇所の深堀りした記事などがあるとユーザーには便利です。

さらに、関連する記事同士のリンクは関連キーワードの強化につながり、サイトのseo、上位表示の可能性も上がります。

画像のリンクならaltタグは必須

リンクは文字が推奨ですが、どうしても画像をリンクにする場合、altタグに画像を文字で表した内容を書いておきましょう。

リンクの開き方

見ているページでリンク先を開くか、別画面で開くかは好みによります。

一般的には、記事本文にリンクがある場合、読んでいる途中なので別画面にリンク先を表示させ、本文の最後、読み切った後はリンクページを今のページ画面で開いたりします。

パンくずリストを設置

ユーザーは見ているページがどのカテゴリーにあるのかわかりやすく、検索エンジンにもサイトの構造がわかりやすいので必ず設置します。

ユーザーに便利であることと、検索エンジンにも理解しやすい構造であることが内部リンクではとても重要です。

パンくずリストは、パソコンで表示されていても、スマホ画面では消えている場合もあるので確認しておきましょう。

サイトマップの設置

サイト内のカテゴリーと記事を一覧表示されているページです。

ユーザーは目的の記事を見つけやすいし、検索エンジンにも各ページを見てもらえるので、サイトマップも重要です。

どの記事を見ていてもサイトマップのページに行けるように設置しておきましょう。

サイトマップの作り方、WordPressのプラグインで自動作成【SEOにも効果あり】
サイトマップと呼ばれるものは、htmlサイトマップとxmlサイトマップの2種類あり、それぞれ役割や特徴があります。ワードプレスのプラグインを使った作成方法と設置方法を記載していますので、必ず設置しておきましょう。

見せたいページに内部リンクを集める

関連のあるページにリンクを集める(被リンクする)ことで、そのページはサイト内で重要なページであると認識され強化されます。

検索エンジンはリンクされている数が多いページは重要と判断するので、上位表示の可能性が上がります。

まとめ、内部リンクは検索エンジンにもユーザーにも便利

正しくリンクを貼ることが、検索エンジンにもユーザーにもプラスになります。

関連した記事にリンクを貼ることで、検索エンジンが見て回りやすくなり、サイトが強化されていきます。

また、次に読んで欲しい記事や読みたい記事などを繋ぐことで、ユーザーに便利なサイト作りになるので、忘れずにリンクを貼りましょう。

最初の頃は記事数が少ないですが、20.30記事と溜まってきたら、「必ず」見直して内部リンクで記事同士つなげましょう。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

合わせて読みたい記事

アフィリエイトは基本検索からの流入になります。
検索対策、SEOについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログのSEO・検索対策
今日より明日。