【アフィリエイトブログ初心者へ】読まれやすい記事の書き方とは?

【アフィリエイトブログ初心者へ】読まれやすい記事の書き方とは? ブログでよくある悩みや疑問

こんにちは。今日より明日を良くしたいあっくんです。

アフィリエイトブログで記事を書いてすぐのころ、いまいち記事が変だ?

記事をいくつか書いたあとに読み直すと、何か足りない気がする。

せっかく書いたブログ記事を最後まで読んでもらうためにも。

読みやすく見やすい記事の書き方についていくつか紹介します。
急いでいる人には、わかりやすく求めている情報を探せるように書きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

読まれやすい記事は、導入文は短く、結論を先に書くこと

読まれやすい記事は、導入文は短く、結論を先に書くこと

導入文は出だしの文章ですが、ここには興味や関心のあることが書いてあるのかをシンプルに書きます。

長々と書いていると、興味を持つ前に飽きて出て行ってしまいますので、導入文は短く書くのがポイント。

そして結論を書きます。検索してタイトルを見て記事に入ってきたので、
探していた何か・求めている答えがあることを知らせます。

結論があるかないかわからない、もしくは最後だと読む前に出たり途中で帰ってしまいます。
最初に結論を書くことで、何について記事を書いていたのか、ブレずに沿って書き進めるができます。

タイトルにキーワードがないと読まれにくい

タイトルにキーワードがないと読まれにくい

読む人は気になることでキーワードをうち、関係すると思う記事を選びます。

ブログ記事のほとんどが検索からなので、
内容にあった言葉・キーワードが題名にないと、読まれない可能性が高いです。

見出しがあると読みやすい

ブログ記事はほとんどが文章です。文字の連続がひたすら続くと疲れますよね。

開いたページが縦に長かったら、全部読むのは大変でなので、必要だと思う情報に見出しをつけます。

読む人も知りたい情報はどこにあるのかを、見出しで判断できます。

探しやすく見出しをつけましょう。

読みやすい記事には、大事な文字に装飾がある

読みやすい記事には、大事な文字に装飾がある

大事な言葉には、太文字にしたり色を変えたり装飾をします。

すべての人が1字1句逃さず読むとは限りませんし、同じ色の文字が続くと飽きちゃいます。

ポイントとなる文字に装飾することで内容を伝えやすく、飽きずに読まれやすいです。

記事の合間に、画像・図を入れると読みやすい

記事の合間に、画像・図を入れると読みやすい

伝えることは情報、基本文字なのですが、
記事書いて見直すと、ものすごい何か足りない感が出ます。

画像を入れることでリズムが生まれ、
伝えたい情報の後に画像があることで、理解する時間が得られます。

これが文章のみの構成と違ったリズムです。

アフィリエイトの取り扱いが商品の場合、実物の画像や実際に使っている画像を入れるとよりわかりやすいです。

情報だとグラフ・図・イラストがあると理解しやすく読まれやすい記事になります。

まとめ

書いた記事を読んでもらうには、読まれやすい工夫が必要です。

最初に興味・関心を持ってもらい、求める内容・結論が書いてあるのかを伝えます。

本文には、読む人が必要な情報を取り出しやすよう、見出しと装飾で伝えます。

そして読み続けやすいように、イメージしやすいように、画像・図・グラフなどを差し込んで理解促進します。

記事作成や見直しの参考になるとうれしいです。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。