【googleアドセンス】おすすめの配置と広告ユニット、注意点もあり

googleアドセンスのおすすめ広告ユニットと注意点 ASPについて

こんにちは、あっくんです。

googleアドセンス広告には種類があり疑問が出ます。

「どの種類の広告ユニットがいいのかわからない?」
「どこに、どのサイズで貼ると効果的なのかわからない?」

そこで効果的な広告ユニットとして「テキスト広告とディスプレイ広告」がおすすめ。

配置とサイズは3か所でご紹介いたします。最後に注意点もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事上部に配置するおすすめ広告ユニット

導入文の後に配置するgoogleアドセンス広告「レクタングル大」、わりと記事の上部に配置するわけなのですが、パソコンだと興味が無ければ普通にスルーしてくれます。

スマホだと最後まで読まずに去る可能性もあるので、まずは見せないと始まらないので、導入部のあとに配置します。

広告があることは見慣れていますし、下にスクロールすることも慣れているので、クリックの可能性を上げるためにも導入文の後に配置します。

記事下に配置するおすすめ広告ユニット

もっともクリック率の高いgoogleアドセンス広告になります。

パソコンなら「レクタングル大」の2個置き、ダブルレクタングル。スマホだと2個置くと小さくなるか、幅が合わないので、「レスポンシブ」1つ。

本文を読み切った後に、ユーザーの関連する広告が表示されるのでクリック率が高い位置になります。

多すぎる広告が嫌いな人はここだけに絞ると良いです。

サイドバーに配置するおすすめ広告ユニット

サイドバーには「ラージスカイスクレイパー」がおすすめです。

ちょっと大きくて邪魔だなと思う場合、「レスポンシブ」が良いです。

ワードプレスのテーマにもよりますが、サイドバーはスマホの場合、記事下の方にいくとサイドバー内のメニューが表示されます。

なので、サイドバーの中でも上の方に広告を配置すると見られる可能性が上がります。

基本的にはサイドバーの広告が押される可能性は低いので、正直あってもなくても良いです。

どうせ貼るなら目立つ「ラージスカイスクレイパー」がおすすめというワケです。

記事中にgoogleアドセンス広告は貼らない

記事中にも貼ることは可能ですが、すべての記事に広告があると敬遠されます。

広告が貼れる内容の本文なら報酬の高いアフィリエイトリンクを貼るほうが効率的なので、なるべく記事中は他のaspを使用しましょう。

googleアドセンス広告の配置の注意点

アドセンス広告の配置にはガイドラインがあります。
広告の配置に関するポリシー

誘導・アピールはしない

無理矢理クリックさせるような配置や誘導・アピールはNGです。アニメーションを使用したり、矢印や記号を使った目立つ行為が該当します。

広告とわからせない表示方法もNGです。記事使用の画像と並べて表示したり、関連記事と一緒に並べたりする配置は違反行為になります。

コンテンツの邪魔をしない

ページを開いた瞬間が広告というレイアウトやスクロールに追尾する広告も違反対象です。

簡単に言うと、本文などのコンテンツの邪魔をせず、広告と分かるように堂々とgoogleアドセンス広告を貼る。

変なアピールとごまかしをしない。ということですね。

まとめ

googleアドセンス広告の配置は、見られる記事上、クリック率の高い記事下、おまけでサイドバーです。

おすすめ広告ユニットは、視認性の高い大きめな画像「レクタングル大」「ラージスカイスクレイパー」「レスポンシブ」。

そして広告だとわかるようにごまかさず堂々と貼ることです。

また、サイトの規模が小さいうちは、外部へのリンクが多くなるのでアドセンスを使用しない方が良いでしょう。

まずは外部へのリンクより、サイトの強化、コンテンツ作成などの土台作りをして、定期的なアクセスが出てきだしたらアドセンス広告を使用することをおすすめします。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

googleアドセンスの自動広告は絞って使うべき
グーグルアドセンスの審査が通ったら早速使いたくなるクリック報酬型広告。便利な自動広告がありますが、画面上が広告ばかりになるので、自動広告は絞って要所に使って手動広告と併用して使用することをおすすめします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ASPについて
今日より明日。