googleアドセンスの自動広告は絞って使うべき

googleアドセンスの自動広告は絞って使うべき ASPについて

こんにちは、あっくんです。

googleアドセンスの審査が通ったら早速使いたくなるクリック報酬型広告。

自動広告は便利ですが、デメリットもあるので絞った方がいいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動広告のメリット

googleアドセンスのコードをタグ内にコピーするだけで簡単に使える広告です。

勝手に表示されるものなので、googleアドセンスのガイドラインには違反しにくいのがポイント。

自動広告には種類があり、関連記事内、記事本文内に差し込まれる広告など選ぶこともできます。

自動広告のデメリット

アドセンス自動広告のデメリット

自動で隙間に広告が貼ってあるので、広告が目立ちます。ちょっと引くぐらい貼ってくるので減らした方がいいでしょう。

とくに記事本文に差し込まれる場合があり、読んでいる途中に広告が入ってしまう不自然なものもあります。

自動で便利なのですが、広告が多すぎてブログ自体が読み手から敬遠されてしまうかもしれません。絞った運用が必要になります。

アドセンス報酬は上がるけど・・・

自動広告で複数個所に表示されるわけなので、アドセンス報酬は少し伸びるでしょう。

しかし、他のアフィリエイトリンクが目立たなくなり、クリックが減る可能性もあります。

アドセンスで稼ぐのか、他のASPで稼ぐのかは、運営者のスタイル次第になります。

手動広告ユニットと併用が望ましい

関連記事にさり気なく並ぶ程度なら自動広告を使い、記事終わりの下に配置する関連広告は手動のユニット広告を使用する。

併用スタイルでいくと望むところや効果的な場所に貼ることができます。

まとめ

クリック報酬型の広告なので、見せないと意味がないのですが、あまり多すぎると広告ばかりのブログサイトだと思われます。

広告はあるとわかっていても、やはり多すぎると見にくく読みづらいので、自動と手動で併用しながら使い分けることをおすすめします。

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

【googleアドセンス】おすすめの配置と広告ユニット、注意点もあり
グーグルアドセンス広告には種類があり、どのタイプの広告をどんなサイズでどこに配置すればいいのか悩みます。そこで効果的な広告ユニットや配置をご紹介いたします。最後に注意点もあります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ASPについて
今日より明日。