a8はクリック率とEPCが見れる、EPCって何?

a8はクリック率とEPCが見れる、EPCって何? ASPについて

こんにちは、あっくんです。

A8.net(エーハチネット)では広告素材を選ぶ画面で、クリック率(CTR)とEPCが見れます。

EPCとは1クリックの報酬の目安ですが、よく分からないのでクリック率だけ見て広告素材を選んでいませんか?

クリック率、EPCの両方を見て効果的な広告選びをしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリック率が見れるASP

ASPによっては広告の素材を選ぶ画面でクリック率が表示されています。

大手のA8.netはクリック率(CTR)やEPCが表示されています。

バナー広告を使う場合もテキスト広告を使う場合も、まずはクリック率(CTR)の高いものを基準に選ぶと良いです。

あくまでも基準にするぐらいです。

バナー広告の場合、画像内に文字が入っているので、本文の訴求内容にあった文字が入ったバナー広告を選びましょう。

テキスト広告の場合、アピール文があるもの、シンプルなもの、英語・カタカナ表記などあるので、記事本文に合うテキストを選びます。

EPC

EPC(イーピーシー)とは、広告素材の1クリックあたりの報酬発生額を指します。

【広告素材の総報酬額】÷【総クリック数】がEPCになりますが、イメージしにくいので例を上げます。

【広告素材A】総報酬額が10,000円として総クリック数が100としたら、EPCは100になります。

【広告素材B】総報酬額が10,000円として総クリック数が10としたら、EPCは1000になります。

【広告素材B】の方が効率的に報酬が発生するということです。

クリック率とEPCから選ぶ

実際には総報酬額やクリック数はわかりませんので、クリック率(CTR)とEPCは目安にします。

【広告素材A】クリック率5%、EPCは100とします。

【広告素材B】クリック率0.5%、EPCは1000とします。

【広告素材A】は、たくさんクリックを得て報酬を得る。クリックされやすが、報酬の効率は【広告素材B】の方が高い。

【広告素材B】は、少ないクリックを得て報酬を得る。報酬の効率は高いが、クリック率は【広告素材A】の方が高い。

クリック重視:【広告素材A】>【広告素材B】

効率重視:【広告素材A】<【広告素材B】

EPCは50以上見れませんので、広告素材選びの参考に使います。

まとめ

クリック率が見れると広告素材選びの参考に助かります。

エーハチのEPCも見れるなら、より効率的な広告素材選びの目安に使えます。

クリック率とEPCを参考にして、自身の戦略に合わせて選びましょう。

A8.net

それでは、少しでも明日につながる一歩になりますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ASPについて
今日より明日。